データ入稿時の注意点
  • 入稿されたデータの中に、不要な写真データがたくさん入っている事があります。不必要なデータは入れないで下さい。(出力ミスにつながります)
  • 写真データ入稿で、ダブルトーンの場合は出力結果が変わってしまう為、出来るだけCMYKでの入稿をお願いします。(出来れば2CはC・Mで)
  • 入稿画像データに、色補正を希望される場合は、その旨を営業に伝えて下さいこちらで補正いたします。
  • 夜間は当社のアクセスサーバー・インサイトをご利用下さい、1回の送信最大容量の制限は約1GBまでで、24時間アップロード可能です。
  • メールの送信最大容量(一回分)は20MBまでとなっています。
  • サーバー・メール入稿でカンプが無い場合、データにカンプ用の(スクリーンショットやPDF)などを添付して下さい。
  • 写真データは、ファイル形式:Photoshop EPSでプレビューを、Macintosh(8bit/pixels)でエンコーディングはJPEG-最高画質(低圧縮率)にしておけばMOへのコピーや、作業が短時間で出来ます。(当社のRIPはJPEGデータに対応しております。)
データ作成時の注意点
  • フォントはすべてアウトライン化してください。
  • K(スミ)以外にオーバープリントは使用しないでください。
  • 3㎜の塗り足しを付けてください。
  • 最終チェックとして、下記の確認をお願いします。
    • データドキュメントサイズの確認
    • 全てのフォントのアウトライン化確認
    • カラーモード確認
    • 配置した画像は全てあるか確認
    • スウォッチパネルに特色が残っていないか確認
対応OS・ソフト・フォント
  • 弊社DTP環境は下記の範囲内となっています。
    OS
    MacOS 9〜X WinOS 2000〜XP
    ソフト
    IllustratorCS5以下 PhotoshopCS5以下 InDesignCS5以下
    フォント
    フォントデータはすべてアウトライン作成をした状態で入稿してください。

PAGE TOP